ナースステーションの中ではは看護師だけでなく、他の医療職も業務を行っています。医師はカルテの記載や薬剤を処方したり、看護師もカルテの記録や内服薬の準備、その他の処置の準備などを行います。ラウンド業務は看護師が行う業務で、決められた時間に病室に行き、患者に変化がないか観察を行います。夜間のラウンド業務で処置の少ない病棟は懐中電灯を持ちラウンド業務を行い、全ての病室を回った後でナースステーションに帰りカルテに記録を行います。最近ではカルテは電子カルテの場合が多く、コンピューター上に記録します。患者の病状に変化が多い病棟ではノートパソコンをラウンドの際に持参し即時に記録を行います。ラウンドを開始する時も終了した時もナースステーションを基点として業務が行われます。夜間でも決して病棟の休憩室を始点や終点として使用しません。ラウンドで異変がない場合は記録だけで終わりますが、異変があった場合は医師への連絡、処置の準備、薬を薬剤部に取りに行ったりとナースは次々と業務が増えていきます。そのような時はずっとナースステーションで業務を行い、休憩を取る事は出来なくなります。夜間でも患者がナースを頼って病室からナースステーションにくる場合があるので、通常1人はスタッフがいるように心がけています。もっとも急変時などは誰もいないという場合もあります。そのような時も劇薬などは盗難に会わないように鍵の管理も徹底して行われています。