ナースステーションの監視カメラは夜間等職員の数が少ない時にトラブルが発生するのを未然に防ぐために設けられています。監視カメラがある事によってトラブルを未然に防いだり、問題が発生しても短時間で解決出来ています。また、警察機関との連携のために設置されているケースもあります。病棟で勤務をしている看護師は業務に追われ、病棟の安全確認が不十分である事が多いです。このカメラを活用し、病棟の安全を守っています。看護師はナースステーションの前を通る人間をチェックはしています。しかし、すべての人間を出来ているわけではないです。監視カメラによってすべての人間をチェックする事が可能になりました。ナースステーションにそれがある利点は病棟全体を一元的に管理する事が出来ます。また、トラブルが発生してもすぐに適切な対応を取る事が出来ます。一部の人々はプライバシーの問題からこの設置に難色を示しています。しかし、これはあった方が安全です。また、窃盗等の犯罪の抑止になります。多くの医療機関はプライバシーよりも病院全体の安全を尊重しているケースが増えています。多くの患者が病棟でしっかりとケアを受けるためには必要なものです。これがないと不安になる人もいます。犯罪やトラブルの抑止のために必要不可欠です。患者に徘徊があってもすぐに対応する事が出来ます。行方不明になり病院全体が慌てるという事はないです。これは個人の安全や健康のために必要なものです。